第一興商(品川区)は3月18日、4月開設予定の高齢者向け介護予防・健康増進施設「DAM倶楽部中野」(中野区新井2)の施設内を公開し、プレオープンした。

 
【画像】3月18日にプレオープンした「DAM倶楽部中野」(外観)
 
 同施設は、近隣の高齢者向けに、介護予防や健康増進に有効な歌や音楽を組み合わせたプログラムを提供。同社の今後の高齢者向けコンテンツ開発のテストマーケティングの場にも位置付け、完成度を上げたプログラムや運営手法などを既に全国に展開しているサービスに加えていくことを目指す。
 
 2月には、施設内の一部を中野区民が自由に集える場所「あらいエンジョイ広場」として無償開放し、地域高齢者の交流促進、介護予防、健康増進に寄与することで中野区と基本協定を締結。第一興商の林三郎社長は「1976(昭和51)年に第一興商が生まれ、カラオケ事業を開始したこの中野の地で、地域の皆さまにこのような恩返しができることをうれしく思う。世界に『カラオケ』の名を広めた真の貢献者である団塊世代の人たちに元気になってもらいたい」と話している。
 
 総面積は157.76平方メートルで、生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」を利用できるスタジオやカフェテリア、コミュニティールームなどを整備する。
 
 グランドオープンは4月2日だが一部のプログラムは始まっていて希望者は参加できる。営業時間は9時30分~18時。日曜・年末年始は定休。


私は7歳~18歳まで上高田や沼袋に住んでいましたが、カラオケDAMの第一興商さんってやはり中野区が創業の土地なのですね!

今風にいうと、中野通りのらーめん大(ちょっと前まで つけめんうさぎちゃん)のお近くだと思います。向かい側にあるファミマって昔焼肉屋さんだったのかな~?
私もご年配の方へパソコンをご案内する機会が多いのですが、実際に操作不慣れな方にお使いいただくと、指導させていただく立場として新しい発見と勉強の連続です。
カラオケは天候に左右されずハンディキャップもあまり関係ないので、お年寄りの方の娯楽としていいですよね!?(^o^)丿
きっとメーカー様もユーザー様が使う姿を傍で見ていただくと新しい発見があると思います(^o^)丿

この記事を書いた人

南波 守正東京周辺パソコントラブル対応Twitter:@deji39
1970年12月大阪生まれ 7歳より東京 都立杉並工業高校卒
080-3549-4155(毎日9時から23時)
「小さな会社やお店。お一人で頑張っている方を日々応援しています!」
▼お電話から2時間程度で私がご訪問致します
▼東京23区・三鷹・川口など51エリアが出張費無料
▼起動しないパソコンのデータ救出 9980円均一
▼インターネット接続トラブル 7980円均一
▼アダルト請求&詐欺・ウイルス駆除 9980円均一
▼パソコンサポート頼み放題 最大15980円
▼パソコン購入時の設定や新旧PCのデータ移行。ネットワークカメラ・ホームページ作成・SEOまで、親切・丁寧・じっくり時間をかけてご対応させていただきます。