no-ipダイナミックDNSはサイバー犯罪の温床となっている

誰かが言わなければいけなかったことですが、マイクロソフトが手をあげました。

そして連邦裁判所に提訴して、訴えが認められてしまったためno-ip社は営業停止状態です。

日本時間2014年7月2日10時25分現在、www.noip.comは正常に表示されません。

私や私のお客様はno-ipを「防犯カメラの映像を遠くで視聴する」為に使用していますが、お手軽で便利なダイナミックDNSはウイルスやマルウェア等で金儲け等を企む奴らも多く利用しているようです。

他人のサーバーにウイルスを仕込むのは高度な技術も必要ですが、自宅のパソコン(サーバ)にウイルスを仕込むのはとても簡単です。あとは掲示板やYoutube、まとめサイトなどを利用し「究極の金儲け方法」「エッチな秘密動画」など言葉巧みに一般人をおびき寄せれば、無防備な人がどんどん集まります。

たとえば「楽天市場のバグを利用して今なら楽天ポイントが無限に増やせる!」なんて書き込みに反応するのは楽天市場会員ばかりでしょう。

たとえば「パズドラのバグを利用して課金なしで最強に!」なんて書き込みに反応するのはパズドラユーザーばかりでしょう。

ウイルスやマルウェアを作った奴らの餌食にならないようお気を付けください。

この件はno-ipに限らずDynDNSも犯罪の温床となっていると思われます。

no-ip差止めに関する記事

Microsoft scores vs. cybercriminals, seizes 22 NO-IP domains

ダイナミックDNSがマルウェアの温床になっているとしてMicrosoftがNo-IPのドメイン差し止め

Microsoft kills off No-IP accounts in anti-cybercrime crusade

no-ipの今後

まずは2週間ほどは動向を見守ろうと思います。

no-ip社が本人確認など顧客管理の強化や、自社サービス利用者の常時パトロールシステム構築など、対策を打ち出せばサービス再開もあり得ると私は考えております。

ただ、このままサービス終了もあり得るため、日本人がno-ip社に対し返金請求をするのは面倒くさいので泣き寝入りの予感がします(>_<)

ダイナミックDNSの代替策

  1. アイオーデータやロジテックのルータに付属の無料ダイナミックDNS機能を使う
  2. バッファローのダイナミックDNSは年間約4000円
  3. ニフティやOCN利用中なら有料オプション「固定IPアドレス」を使う
  4. 現在のプロバイダを退会。約1000円で固定IPアドレスが使えるプロバイダDIXを使う

この記事を書いた人

南波 守正東京周辺パソコントラブル対応Twitter:@deji39
1970年12月大阪生まれ 7歳より東京 都立杉並工業高校卒
080-3549-4155(毎日9時から23時)
「小さな会社やお店。お一人で頑張っている方を日々応援しています!」
▼お電話から2時間程度で私がご訪問致します
▼東京23区・三鷹・川口など51エリアが出張費無料
▼起動しないパソコンのデータ救出 9980円均一
▼インターネット接続トラブル 7980円均一
▼アダルト請求&詐欺・ウイルス駆除 9980円均一
▼パソコンサポート頼み放題 最大15980円
▼パソコン購入時の設定や新旧PCのデータ移行。ネットワークカメラ・ホームページ作成・SEOまで、親切・丁寧・じっくり時間をかけてご対応させていただきます。